モジュール [SUN POWER]

[住宅用太陽光発電]サンパワー

屋根に、価値を生み出し続ける投資を

サンパワー社のEシリーズパネルは、バックコンタクト設計のMaxeon®(マキシオン)という、他社と全く異なるテクノロジーベースに構築されています。その独自の設計で、同じ面積でより多くの太陽光を取り込み、電気に変換します。
さらに、裏面の強固な銅基板は、長期パフォーマンスを保証する極めて優れた耐久性を実現します。

※1 Green, M. A., et. al. 「Solar Cell Efficiency Tables (version 43) 」Progress in Photovoltaics (2014年)
※2 サンパワー社のX21/345は従来型パネル(250W、変換効率15.3%、約1.6㎡)との対比で、8-10%より多く発電、   BEW/DNVエンジニアリング、「SunPower Yield Report」(2013年1月)、温度係数の計算「CFV Solar Test Lab Report #12063」 (2013年1 月)
※3 サンパワー社のE20/327は従来型パネル(250W、変換効率15.3%、約1.6㎡)との対比で、7-9%より多く発電、BEW/DNVエンジニアリング、「SunPower Yield Report」(2013年1月)
サンパワーの製品ページに掲載されている写真や画像の所有権は、すべてサンパワー社に帰属します。

耐久性のある設計で、最高の出力と製品を保証

Maxeon®太陽電池の優れた信頼性により、サンパワー社は以下を約束します。

*全製品に25年間の製品・出力複合保証
*最も低い劣化低下率、-0.4%/年を保証

年間劣化率 0.25%※

長期間にわたり常に屋外環境にさらされるソーラーパネルの場合、製品の「信頼性の高さ」は決して見逃せません。
フィールドデータに基づき第三者機関が推奨するサンパワー社製パネルの出力の年間劣化率は0.25%です。
年間劣化率が低ければ、システム運用期間中により多くの発電量を安定的に供給できます。
※ Jordan Dirk「 SunPower Test Report」、NREL (2013年10 月): Campeau、 Z.et al 「SunPower Module Degradation Rate」SunPower White Paper (2013年2 月)

圧倒的な変換効率と発電量

高温多湿試験

高温且つ高湿度の環境下で長期間使用しても、サンパワー社製パネルなら出力低下が起きません。

※1 Koehl, Michael, et. al. “PV Reliability: Accelerated Aging Tests and Modeling of Degrada tion.” EU PVSEC, Valencia Spain, Sept 2010.
※2 Ketola, B., & Norris, A. Degradation Mechanism Investigation of Extended Damp Heat Aged PV Modules. EUPVSEC, 26th, Hambu rg, Germany, 2011

圧倒的な信頼性

  • ・セルの表側
  • ・セルの裏側
  • ・接着部分
  • サンパワー社のMaxeonセル
  • グリッドライン無 Maxeonセルはより多くの太陽光を吸収、屋根上での美観は抜群
  • 頑丈な銅基板 厚い銅基板は最大強度をもたらし、ほぼ腐食なし
  • 厚い接着部分 日々の温度変化による収縮・膨張を緩和
  • 従来型のセル
  • 金属の接着ライン 薄い接着による光反射と腐食で発電量が低下
  • セルの裏側にも金属の接着 強度が低く、温度変化による亀裂が生じ、発電力が低下
  • 薄く、脆弱 セル間を接続する狭いリボンの一箇所の腐食で全体が破損

サンパワーの製品ページに掲載されている写真や画像の所有権は、すべてサンパワー社に帰属します。

設置方式事例